無料ブログはココログ

« 京都ゑびす神社 | トップページ | 安井金比羅宮 »

2010年10月29日 (金)

建仁寺 禅居庵 摩利支天堂

Imgp6596 Imgp6590 Imgp6593 Imgp6591 Imgp6592 Imgp6595 Imgp6594

正式名称 摩利支尊天堂は禅居庵の一部で、禅居庵は非公開となっていますが、こちらは自由に入ることができます。

本尊は摩利支尊天といってインドの軍神です。陽炎を神格化した女神 摩利支尊天は護身・得財・勝利などをつかさどる神で、日本では武士の守護神とされています。

三つの顔と六本の腕を持ち、頭には宝冠、身には甲冑を着け、七頭の猪に乗っている姿をしているそうです。

摩利支尊天が猪に乗って現れることから、境内には至る所に、狛犬ならぬ狛猪があります。

阿吽の猪もあります。

ここは亥年生まれの人には特に御利益が大きいというので、亥年生まれの人は要チェックです。
ちなみに私の干支は亥です。

「摩利支天像」は1326(嘉暦1)年に北条高時の詔により中国から日本へ渡るに際し清拙正澄禅師が袈裟に包んで無事に将来したと伝わっています。

本堂の摩利支天堂(室町時代に建立)は中世の禅宗様仏殿としては、貴重な遺構とされる唐様仏殿です。

日本三大摩利支天としても有名です。

早くもところどころにサザンカが咲いていましたので撮影しました。

近くには京都ゑびす神社もありますので、あわせて訪れてみてはいかがでしょうか。

« 京都ゑびす神社 | トップページ | 安井金比羅宮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567313/49878389

この記事へのトラックバック一覧です: 建仁寺 禅居庵 摩利支天堂:

« 京都ゑびす神社 | トップページ | 安井金比羅宮 »